環境マネジメントシステム

2005年1月13日、合同技研株式会社はトナーカートリッジ・OAリボンカセットの再生製造及びその関連製品の販売に係わる事業活動において、国際規格ISO14001の認証を取得いたしました。

 

環境マネジメントシステム国際規格ISO14001とは?

国際規格ISO14001とは、1996年に国際標準化機構(ISO)によって制定された、組織活動が環境に及ぼす影響を最小限にくい止めることを目的に定められた環境に関する国際的な標準規格です。
企業などが事業活動を行う際、環境方針および目的を定め、その実現のための計画(Plan)を立て、それを実施及び運用(Do)し、その結果を点検及び是正(Check)し、さらに次のステップを目指した見直し(Action)を行うというPDCAサイクルを確立し、環境への負荷を軽減する活動を継続的に実施する事を目的とします。

環境方針

合同技研株式会社は、OAサプライをリサイクルした製品を生産し、販売し、環境を保護している事を踏まえ、以下の方針に基づき環境マネジメントを実施します。

1. 環境関連の法律・規制を遵守するとともに、自主基準・業務手順を整備して、環境保全と汚染の予防に努める。
2. 環境管理の運営ルールを確立し、環境目的・目標を策定して、その実現を図り、年に一度、環境方針を含めて見直す事により、環境マネジメントシステムの継続的改善に努める。
3. 資源の有効活用のため、廃棄物の削減と再資源化及び省エネルギーを推進する。
4. トナーカートリッジ再生品及びOAリボンカセット再生品の生産量と販売量を増大する。

この「環境方針」は、全従業員に周知するとともに、外部からの要請に応じて開示する。

PDCAサイクル


ページトップに戻る