リサイクルサービスについて

合同技研では、地球環境と資源の有効活用を考え  環境マネジメントに取組んできました。
自社工場で最新設備のもと、安全・確実な作業をおこなっています。
代理店を通さず直接お客様とお取引きすることで、よりスムーズで柔軟な対応をお約束でき、また トナーだけでなく、OAリボンも当社独自の技術でリサイクルしていますので、プリンタ消耗品に関する窓口が一本化できます。さらに当社オリジナルのバーコードシステムでお客様のカートリッジを確実に個別管理することで、より確実なお取引きを実現します。   ぜひ合同技研のリサイクルサービスをご利用ください!
また、お客様のご期待にそえる充実したサービスを目指しますので、ご意見ご要望もどんどんお聞かせください。
尚、製品に関するトラブルについてはこちらを参照ください。

リサイクルの流れ

カートリッジの梱包方法


カートリッジを新聞紙、クッションなど緩衝材で包んで保護し、箱の中で動かないようにダンボール箱に入れて梱包用テープで、2ヶ所を留めます。
梱包例
   
A3トナーカートリッジ
2本をまとめてください。
 
A4トナーカートリッジ
4本をまとめてください。
 
カラーカートリッジ
6〜8本をまとめてください。
回収は、使用済みカートリッジの運賃節約、商品迷子の防止の為、
本数をまとめた発送にご協力下さい。
再生を希望しない場合‥‥
送り状備考欄に『廃棄トナー』と記入してください。
再生注文品の場合‥‥
送り状備考欄に『再生トナー』と記入してください。
カートリッジ送付先
メール toner@goudougiken.co.jp
送り先住所 〒739-0403 広島県廿日市市大野1914番地
TEL.0829-50-1540  FAX.0829-56-2850
合同技研株式会社 第二工場


リサイクル工程

リサイクルシステムとは、お客様使用済みのトナーカートリッジを回収し、分解・清掃・トナー再充填・組立て・修理再生するシステムです。
合同技研は、ベテラン技術スタッフによるチェックで安定した品質を供給します。


トラブルシューティング

まず始めに
印字トラブルが発生した際は、まずプリンタ付属のユーザーズマニュアル(取扱説明書)をご参照ください。カートリッジの新品・再生品にかかわらず、機械の使用上での問題は起こりえます。必ずしもカートリッジが起因してのトラブルだけではありませんのでご注意ください。トラブル事例と対処法についてはこちらを参照のうえ、解決されないようならご連絡ください。

プリンタのクリーニングについて
プリンタは使用しているうちに用紙粉や埃などが内部に蓄積します。これらは感光体にキズを付けるなど印字不良の原因になるため、定期的なクリーニングが必要となります。 カートリッジ交換時は、必ずプリンタの付属マニュアル(説明書)に従ってクリーニング機能を活用ください。
※電気掃除機での清掃はプリンタ内部の部品を破傷するおそれがありますので、行わないでください。 布で拭く場合は、必ずプリンタの電源を切り、電源コードを抜いてから行ってください。(定着器部分は電源を切ってもしばらくは高温ですので、ご注意ください。)

カートリッジ交換時:プリンタ表示について
プリンタの機種によって、カートリッジ内のトナー量を感知する機能のないものがあります。 こういったタイプのプリンタは内臓の印刷枚数カウンタでカートリッジ交換時期を知らせます。 そのためカートリッジ交換をした際にカウンタをリセットする必要があります。プリンタの付属マニュアル(説明書)に従って操作してください。

カートリッジ交換時:カートリッジのセットについて
セット前に 梱包箱からカートリッジを取り出し、袋のまま下図のようにゆっくり左右に傾けて5〜6回振ってからプリンタにセットしてください。カートリッジ内のトナーが均一な状態になります。
※トナーが偏ったままセットすると、早期トナー表示の原因となる事があります。
※激しく振るとトナー漏れの原因となりますのでご注意下さい。

ゆっくり、ふりふり
振ってはいけないカートリッジ ⇒ リコー:タイプ720B
富士通:LB313

初期印字汚れについて
再生カートリッジ交換直後に、若干印字汚れが出る場合があります。これは、品質の点検をするために事前にカートリッジ内にトナーを塗布するため起こる現象です。 この場合、5〜6枚印字する事により正常に戻ります。

印字不良の対処法
●電源を入れ直す
●カートリッジをセットし直す
●予備のカートリッジに取り替えてみる

以上の基本的な対処法で不具合が解消されない場合はプリンタ本体側が要因である可能性が高いと思われます。下記の不具合事例を参考に対処してみてください。 下記の対処法でトラブルが解消されない場合はこちらからお問い合わせください。

不 具 合 事 例
要  因 対 処 法
印字されない
カートリッジのトナーシールが引き抜かれていない。 カートリッジを取り出してトナーシールを引き抜いてください。
カートリッジにトナーが残っていない。 カートリッジを交換してください。
転写チャージャー(プリンタ側)が切れている。 プリンタの修理を依頼してください。
全体が黒く印字される
感光体ドラムの電極部が不良。 カートリッジを交換してください。
帯電の線またはローラーの断線、あるいは接触不良を起こしている。 カートリッジを交換してください。
印字濃度が薄い
現像ローラー部へトナーが供給されていない。 カートリッジをトナーがこぼれないように静かに振ってください。
プリンタの濃度調整が薄く設定されている。 プリンタの濃度調整をしてください。
プリンタ電極部分が汚れている。 プリンタの電極部分を清掃してください。
用紙が湿っている。 用紙を交換してください。
部分的に白抜けが
起きる
カートリッジにトナーが残っていない。 カートリッジを交換してください。
カートリッジの感光体が結露している。 プリンタの電源を入れ10〜15分ウォーミングアップしてください。
現像ローラーが損傷している。 カートリッジを交換してください。
定着ローラーが損傷している。 プリンタの修理依頼をしてください。
縦方向に白抜けが
起きる
カートリッジのトナーシールが残っている。 カートリッジを取り出してトナーシールを抜いてください。
トナーの残量が少ない。 カートリッジを交換してください。
プリンタのレーザー放射窓が汚れている。 取扱説明書に従ってレーザー放射窓を清掃してください。
縦方向に
黒い線が出る
ワイパーブレードに紙粉等が付着している。 カートリッジを交換してください。
コロナワイヤーが汚れている。 取扱説明書に従ってコロナワイヤーを清掃してください。
感光体に傷がある。 カートリッジを交換してください。
横方向に
黒い線が出る
感光体電極部分が接触不良を起こしている。 カートリッジを交換してください。
PCR(帯電ローラー)が接触不良を起こしている。 カートリッジを交換してください。
文字が滲む
用紙が湿っている。 用紙を交換してください。
感光体が結露している。 プリンタの電源を入れ10〜15分ウォーミングアップしてください。
用紙全体が汚れる
トナーに湿気がある。 カートリッジを交換してください。
PCR(帯電ローラー)が接触不良を起こしている。 カートリッジを交換してください。
等間隔に
黒点・汚れが出る
感光体ドラムに傷がある。 カートリッジを交換してください。
用紙の一部が
汚れている
プリンタの定着ローラーが汚れている。 ローラーの清掃又はプリンターの修理を依頼してください。
ワイパーブレードの寿命・劣化。 カートリッジを交換してください。
定着クリーナーが汚れている。 定着クリーナーを交換してください。
用紙の裏が汚れる
プリンタ内が汚れている。 取扱説明書に従ってプリンタ内部の用紙経路を清掃してください。
用紙送りローラーが汚れている。 ローラーを清掃してください。
残像が残る
プリンタの濃度調整が濃い。 プリンタの濃度調整をしてください。
プリンターの定着ローラーが汚れている。 取扱説明書に従ってローラーの清掃又はプリンターの修理を依頼してください。
ワイパーブレードの寿命・劣化。 カートリッジを交換してください。
用紙が詰まる
用紙経路に障害物がある。 プリンタ内部の紙紛・紙片を清掃してください。
用紙に湿気が多く含まれている。 用紙を交換してください。
カートリッジのドラムカバーピンが破損している。 カートリッジを交換してください。
プリンターの定着ローラーに異物が絡んでいる。 プリンタを修理してください。
用紙にしわがよる
用紙経路に紙粉が付着している。 プリンタ内部の紙紛・紙片を清掃してください。
用紙がプリンタ定着部の熱に対応できない。 用紙を交換してください。
用紙に湿気が多く含まれている。 用紙を交換してください。
トナーチェック・
カートリッジナシの表示が出る
トナーの残量が少ない。 カートリッジを交換してください。
プリンタのトナー残量のリセットがされていない。 取扱説明書に従い、リセット操作をしてください。
プリンタ側の電極部・認識スイッチが認識していない。 電極部分を清掃してください。
カートリッジ交換の
表示が出る
トナーの残量が少ない。 カートリッジを交換してください。
プリンタのトナー残量のリセットがされていない。
またはプリンタにしっかりセットされていない。
取扱説明書に従い、リセット操作をするか、もう一度カートリッジをセットし直してください。
プリンタ側の電極部・認識スイッチが認識していない。 電極部分を清掃してください。
異音が出る
カートリッジとプリンタのギアの噛み合いが悪い。 カートリッジを取り出し、再セットしてください。またはカートリッジを交換してください。
カートリッジがプリンタにしっかりセットされていない。 もう一度カートリッジをセットし直してください。
感光体ドラムの高速回転による共鳴音である。 キュィーンという音であれば問題ありません。


Q & A

リサイクルに関してよくあるご質問にお答えします。

リサイクルってトナーただを詰め替えるだけ?
お客様からお預かりしたカートリッジをリサイクルしてお返しするのがリサイクルサービスです。
工場で、回収したカートリッジを分解、内部部品を洗浄し、消耗して使えなくなってしまった部品などを交換してからトナーを充填します。
トナーは新品同等の品質にリサイクルされ、お客様の元へお届けします。
   
納期はどれくらい?
[ リターン品 ]となるトナーの通常再生品は、お客様の使用済みカートリッジを回収してからリサイクル工程を経ますので、カートリッジ回収後約1週間〜10日(営業日)程かかります。
その他、新品・汎用品やリサイクル[ プール品 ]など在庫出荷となる商品の場合は翌日〜3日の納期でお届けできます。 お客様のご都合に合わせてご利用ください。
   
HPに掲載されてなくてリサイクルが可能か分からない時は?
お問合わせページをご利用になり、お問い合わせフォーム、FAXお問い合わせシートまたはお電話で、プリンタのメーカー・機種名か、カートリッジ名からお問合わせください。弊社担当者がリサイクルの有無をお調べし、ご返答します。
   
カートリッジが破損していてもリサイクルできる?
あくまでカートリッジの状態によりますが、破損した部分を弊社工場で検査・部品交換いたしますので、リサイクル可能です。できましたら状態を事前にお知らせのうえ、リサイクルのご依頼をください。
   
注文したものとは別のカートリッジがあるが、リサイクル可能?
お客様がご注文されたカートリッジと同じカートリッジでなければリサイクルはお受けできません。間違えて注文した場合は弊社までご連絡ください。
   
使用済みカートリッジがないと注文できない?
[ リターン品 ]をご注文の場合、お客様から回収・お預かりしたカートリッジをリサイクルしますので、使用済みカートリッジが必要です。お客様には予備のカートリッジのご用意をお勧めします。
使用済みカートリッジがお手元になくリサイクル商品をご注文される場合、在庫出荷の取扱いがあるものでしたら注文可能です。
   
商品の配送はどこでも出来ますか?
日本全国可能で、お客様ご指定の場所に配達できます。
法人のお客様の場合、本店でのご注文から支店への配達も承りますので、お気軽にご利用ください。
   
リサイクルトナーのトラブルにはどんなものがある?
主に下記のようなものがあります。
●トナー漏れ‥運搬上のトラブルで起こる可能性があります。
●印字不良‥紙詰まり時、用紙を無理に引き抜く事でドラムにキズがついて発生。
その他のトラブル例をトラブルシューティングに記載していますので、ご自分で出来るトラブル対処法としてお役立てください。

ページトップに戻る